タグ

タグ:自家焙煎

温品「カキチコーヒー」

カテゴリ:
kakichi_coffee_01
東区温品、府中大川沿いの通りから住宅街に入った場所にある珈琲専門店です。
「広麺フード」の工場を目印にすると解りやすいかも。
中に入ると、珈琲の生豆が入ったケースが多数設置されており、
奥には大きな焙煎機が見えます。
グリーンの壁紙が印象的な店内には、複数のテーブル席が配置され、
レトロな感じのテレビも目を引きます。

本来は、生豆を店内で焙煎し販売していたそうなのですが、
2019年11月現在、焙煎機の故障により、焙煎販売はお休み中です。
古い焙煎機なので部品の調達や修理がなかなか難しく、
差し当たり、お店用の豆の焙煎は師匠のところに通っているとか。
サンドイッチやパンケーキの提供もされていたそうなのですが、
焙煎販売が開店休業状態の現在は種類を減らし、
フードはトースト程度の提供にしているそう。

ネットでお店の情報を見て、コーヒー&サンドイッチを目当てに
立ち寄った私は、話を聞きつつ残念に思っていたのですが、
話の中で「土日はモーニングをやってるんだけどね~」という
この上ない情報をゲットし、日を改めてウキウキと再訪。
kakichi_coffee_02
モーニングは一種類、土日のみの提供となっています。
平日は10:00開店ですが、土日は一時間早くなり9:00開店です。
こちらのお店はホットコーヒーは全てフレンチプレスでの提供で、
テーブルの上にある砂時計で時間を計り、3分後にサーバー(青い入れ物)
からコーヒーを自分でカップに注ぐ形になってます。
「注いでから写真に撮って下さい」というご意見はもっともであります。
オイルが表面に見えるコーヒーは、フレンチプレスらしいしっかり味で、
量もたっぷりで飲みごたえがあります。
切れ目が入れられたトーストは、かなりの厚みで香ばしい焼き具合。
マカロニサラダ添えの生野菜にはゴマドレッシングがかかってます。
ゆで玉子は白身もぷるんと感があり程良いゆで加減。
フルーツはみかん&バナナという大盤振る舞い。

閉店時間は「17:00くらい、お客さんの流れ次第」だとか。
外にテラス席もあります。
駐車場はお店の横に7台分確保されています。

■カキチコーヒー■
広島市東区温品3-36-22 082-280-4151 駐車場あり
モーニング 580円(土日のみ)
10:00~17:00(土日9:00~) 定休日 月曜日・第3火曜日 
(2019年11月訪問)

紙屋町「葉山珈琲 広島トランヴェール店」

カテゴリ:
hayama_t_01
中区紙屋町、広島トランヴェールビル地下にある珈琲専門店です。
全国チェーンではありますが、中四国初出店、
さらにモーニングもあるという事でウキウキと訪問。
まず入店時にオーダーし、支払いを済ませ、
席で待っているとオーダーしたものを持ってきてくれる、という流れです。
店内は高い天井で広々としたつくりになっており、席数も多いです。
席の配置が、お一人さまでも過ごしやすそうな印象を受けました。
小屋のような変わった席も。
シャレオから少し奥にあり、騒がしさが無いのでゆっくりできそうです。
hayama_t_02
モーニングは、11:00までドリンクを頼むと、
トーストとサラダがついてくるというパターンです。
私が頼んだのは「ママブレンド」390円(外税)。
店内で焼いているというパンを使用したトーストは、
ほんのり甘いふかふかの厚切りです。
カラフルなサラダにはシーザー系のドレッシングがかかってます。
コーヒーは、全体的な味がそれぞれ濃いしっかりした味です。

珈琲豆はもちろん、バターケーキなども販売されています。
駐車場の提携などについては未確認です。

■葉山珈琲 広島トランヴェール店■
中区紙屋町1-2-22 広島トランヴェールB1階 082-569-5005
11:00までドリンク代でサラダとトーストつき(外税)
8:30~20:00 無休
(2018年2月現在)

大手町「ツバイG線」

カテゴリ:
g_sen_01
今年で創業46年になる広島でも屈指の老舗喫茶です。
ツバイ(zwei)はドイツ語で「2」ですが、
もともと斜め前に本店があり、こちらは二店舗目ということで、
ツバイ、となったそうです。
G線本店を閉店したのは、デオデオ本店の新館建設が始まる
少し前(2007年頃)のようですね。
一時期は、紙屋町と八丁堀で計三店舗お店があったとか。

中に入ってみると、レトロな喫茶店ワールドが広がります。
かなり奥行きがあり、長いカウンターを通り過ぎた奥にもテーブル席があります。
g_sen_02
モーニングは五種類。
画像はスタンダードな「トーストモーニング」です。
トーストは甘さもある生地で、こんがり焼いてあります。
パウチのジャムが添えられてます。
自家焙煎のコーヒーは、まずカップが空の状態で運ばれてきて、
そこにサイフォンのサーバーから注いでくれます。
苦味寄りのすっきりした口当たりのコーヒーです。
モーニングの時間帯はコーヒーがおかわり自由…という噂ですが、
「おかわりいかがですか?」と声をかけられないと頼みにくい、
ヘタレなあたくし。
あとは、ベーコンエッグに、生野菜という内容。
g_sen_03
写真がブレ気味で暗くて申し訳ない。
こちらは「ハムトーストモーニング」です。
トーストしたパンで、ハムときゅうりをサンドしてあります。
定番でほっとするタイプのサンドイッチです。
他はトーストモーニングと同じですね。

こちらのお店、昔はモーニングに味噌汁がついていた、という話があり、
気になっていたのでお店の方に聞いてみました。
何でも、本店や八丁堀店では和食モーニングを出しており、
それには味噌汁がついていたはず、との事。
さらに、こちらの"ツバイ"でも、パンのモーニングに
味噌汁がついていた時期があった…と教えて頂きました。
「今もつけて下さい」と言い出せないヘタレなあたくし。

元日以外は開いているというありがたいお店です。
場所柄、お店の駐車場は無いようです。

 ■ツバイG線■
広島市中区大手町1-4-30 082-247-3410
トーストモーニング 550円 サンドモーニング 550円
ハムトーストモーニング 650円 ボローニャモーニング 650円
ピザトーストモーニング 700円 12:00まで
7:00~23:00(日・祝~22:00) 元日のみ休み
(2018年2月現在)

尾道市栗原西「そごう」

カテゴリ:
sogo_01
尾道市栗原西、国道沿いにある喫茶店です。
正確には国道から少し入った敷地内にあり、建物の入口は
通りに面していないのですが、看板があるので見つけやすいと思います。
1980年創業という歴史あるお店です。
中に入ってみると、カウンター席とテーブル席、
コーヒーの焙煎器が置いてある小部屋のさらに奥にもテーブル席が。
朝の時間帯は女性お一人で切り盛りされているようです。
sogo_02
モーニングは一種類。
生野菜には具入りマヨネーズ?というか、どことなくタルタルソース風の、
ドレッシングがかかってます。
トーストのパンはもっちりした弾力がある生地。
ゆで玉子はほんのり温か。
自家焙煎のコーヒーはしっかりしたコクのあるタイプ。
見た目はシンプルなモーニングですが、印象深い味です。

次々お客さんがやってくる人気のお店です。
駐車場はお店の入口正面に共同駐車場という形で確保されています。

■ そごう■
尾道市栗原西2-2-19 0848-25-3582 駐車場あり
モーニング 450円 11:00まで
9:00~17:00 定休日 水曜日
(2018年1月現在)

深川「ワールドコーヒー アクロスプラザ高陽店」

カテゴリ:
world_coffee_koyo_01
安佐北区深川、ショッピングモールのアクロスプラザ高陽店内、
スーパー「ユアーズ高陽店」の中にある喫茶店です。
コーヒーの卸などをしている会社「ワールドコーヒー」が運営しています。
スーパー内部ではありますが、入口以外は壁で仕切られているので、
ガヤガヤした騒がしい感じはありません。
world_coffee_koyo_02
モーニングは数種類あり、「高陽モーニング」という
こちらの店舗限定のモーニングセットがあります。
定番のトーストやサンドイッチ、ホットサンドも揃ってます。
ホットサンドも四種類から選べるので、全体的な種類も豊富。
world_coffee_koyo_03
こちらが店舗限定の「高陽モーニング」。
ハースブラウンパンに、ハンバーグ、トマト、ベーコン、目玉焼きが乗り、
さらにトマトソースがかけられたというもの。
量的にはモーニングに丁度いいです。
左上のココットが、ヨーグルトのフルーツソースかけかな?と
思いつつ口にしたら、ミルクプリンだったのは嬉しい驚き。
メニューには「ヨーグルト」と書いてあるので、
この時がたまたまなのかもしれません。
ハンバーグやソースは一般的な業務用かなと思いますが、
華やかな印象を受けるモーニングです。
コーヒーはバランスの良い味。

モーニングのコーヒーはおかわり自由で、
店員さんが席まで親切に「いかがですか?」と聞きに来てくれます。
駐車場はモールの駐車場を利用可能です。

■ワールドコーヒー アクロスプラザ高陽店■
広島市安佐北区深川5-30-38 082-845-3027 駐車場あり
高陽モーニング 550円 モーニングセット 500円
サンドイッチ 550円 ホットサンド 550円 11:15まで
9:00~17:00 無休
(2017年12月現在)

このページのトップヘ

見出し画像
×