カテゴリ

カテゴリ:雑感(20件ごと)

元日に開いている喫茶店はあるのか?(雑感15)

カテゴリ:
雑感その15です。

■元日にモーニングは食べられるのか(2016年)

年に一度、年初めの日。
初詣に行く人、家族でのんびり過ごす人、人それぞれの過ごし方があります。
基本的に無休の喫茶店も、お盆やお正月は休むところがほとんど。
とは言え、元日から開いているお店も増えてきた昨今、
元日の朝からモーニングを食べようと思えば食べられるのでは?と思い立ったが吉日、
初詣ついでに「元日から開いている喫茶店」を探してみる事にしました。

まず広島駅北側、東区方面を歩いてみました。
比較的休みが少ない「紫陽花」さんは…4日からの営業。
再赴穏」さんも閉まってます。
基本的に無休の「リュミエール」「Shiki」さん…もダメだー!
どうも、駅北側は、4日から動き出す感じですね。
そもそもASSE&エールエールが2日からの営業なので、ドトールもタリーズも
何もかも閉まっているので、元日は「駅周り、死んでます!」な雰囲気です。

お次は駅南側。
」さんも閉まってます。
まつなが屋」さんも開いてませんね。
喫茶みき」「喫茶タカタ」「ミサ」さんも仲良くお休み中。
無休の「」さんですらお休みとは。

南区から平和大通りを回って紙屋町方面に向かいます。
常に開いてる気がする「十和田」さんですら閉まってる!
地蔵通りの「」さん(無休)が休んでいるのを見た時、
「もしかして開いている喫茶店は無いのでは」と不安に。
メインは初詣だから!とお腹が減ったままさまようあたくし。

朝日珈琲サロン」さんや「G線」さんが元日休むのは知っていましたが、
もしかしたら?と見に行ったもののやはりお休み中。
BOKU」さんも閉まってますね~。
基本無休の「ルーエぶらじる」さんも元日はお休みです。

本通りで営業しているスターバックスやドトールが眩しく見えます。
ちなみにチェーン系でも、支留比亜珈琲さんなどは5日位からの営業でした。
本通りのモーツアルト」で食べて帰ろうかな~?って閉まっとるわ!
デルセン(※アンデルセン)も閉まってるのは予想外でした。
イエスタディー」も開いてません。
基本開いてる「ボラボラ コーヒーサロン」「ブルーマウンテン」もアウト。
もうだめだ!この世にモーニングなんて無い!
打ちひしがれる私の目に飛び込んで来たあるお店。
zakkan_15_01
猿がまぶしいー!
シャモニーモンブラン」さんです。
「何か知らないけどいっつも開いてる」印象はありましたが、まさか元日も営業しているとは。
さすが広島老舗中の老舗。
ありがとうモンブラン、ブログでいい風に書いてなくてごめんよモンブラン。
とりあえず開いているのは確認したので紙屋町から十日市方面に移動(食べんのか)。

年中無休の「パルコ」さんも、お正月は閉まってますね。
十日市茶房」さんもお休み。
百貨店ではそごうが元日から営業していますが、そごうの中にあるカフェ、
「カフェラ」「トリコロール」さん共に、お正月の時期のみモーニング提供がありません。
三階バスセンター内にある「オリーブカフェ」さんは、通常通りモーニングが食べられます。

結局「2016年モーニング初め」は断念し、ドトールでミラノサンド食べて終了。

結論「元日はやめとけ」

モーニングを食べるならせめて3日から!
え?そもそもお正月に食べに行かないって?
年末年始でも、年末はそこそこ喫茶店が開いている印象ですね。

一年の計は元旦にあり、と申します。
今年も効率よく計画を立ててモーニングを食べていきたいです(←アホ) 。
以上、「元日に開いている喫茶店はあるのか?2016」でした。

広島の歴史の長い喫茶店(雑感14)

カテゴリ:
雑感その14です。

■広島の歴史の長い喫茶店

原爆で焼け野原になった関係もあって、古いお店は少ないとも言われる広島。
「古き良き純喫茶」などという言い回しもありますが、
歴史あるお店には新しいお店には出せない独特の雰囲気があります。
果たして、どのくらいの数のお店があるのか?
行ったお店の中から年数ごとにまとめてみました。

お店で「何年目ですか?」と聞いたり、ネットで調べたりした範囲での情報なので、
年数の誤差、未掲載店舗などあるかと思いますが、ご了承下さい。
リストには私が「行ったことあるお店」のみ載せています。
当ブログに記事があるお店については店名からリンクを貼っていますが、
まだ記事にしていないお店は、後日掲載後、リンク修正予定です。
年数は、2015年12月現在のものです。

━35年~40年━
jewelry_01
「ジュエリー」
36年■路(東広島市)
37年■ルイーズ(西区)
37年■紫陽花(東区)
37年■てらにし珈琲本店(中区)
37年■屋根裏(佐伯区)
38年■イソップ(三原市)
40年近く■喫茶さえき(中区)
40年近く■カフェレスト花夢(南区)
40年近く■ジュエリー(安佐南区)

40年■浪漫(中区)
40年■ななお(廿日市市)

創業30年前後のお店というのは意外に多いので、35年以上で括ってみました。
地元の人が集う「路」さん、「浪漫」さん、「ななお」さんや、
昔ながらの喫茶店の雰囲気を色濃く残す「紫陽花」さん、「ジュエリー」さんなど。
人気店の「てらにし珈琲本店」さんも創業から37年目に。
「喫茶さえき」さんは、お父さんから息子さんに代替わりしたお店で、
当時のレトロな雰囲気を引き継ぎながら、今の世代に受けそうな食事を提供しています。

━40年~50年━
poeme_01
「純喫茶ポエム」
40年以上■シャンボール(中区)
40年以上■紫苑(中区)
40年以上■銀の匙(南区)
40年以上■活葉(南区)
40年以上■みどり(南区)
40年以上■ ゴールド(呉市)
40年以上■喫茶K(呉市)
40年以上■花茎(福山市)

42年■リバーサイド(中区)
45年■珈琲館チェリー(中区)
45年以上■くさぶえ(廿日市市)
50年近く■G線(中区)
50年近く■純喫茶ポエム(尾道市) 
48年■(南区)

40年以上となると、
「シャンボール」さんは内装リニューアル、「喫茶K」さんは移転しているので、
お店の雰囲気は比較的新しい感じです。
「純喫茶」ぽさ溢れる「G線」さん、「銀の匙」さん、「純喫茶ポエム」さん、
地道に続けてきて常連さんの多そうな「活葉」さん、「リバーサイド」さんなど。

━50年~60年━
corona_01
「コロナ」
50年■マロン(中区)
50年■セブン(庄原市)

50年以上■ミサ(南区)
50年以上■(呉市) 
56年■コロナ(中区)

60年■シャモニーモンブラン(中区)
60年■赤煉瓦(呉市)
60年■メキシコ(尾道市)

創業半世紀となると、話を聞いた時に思わず「50年ですか!」と驚いてしまいます。
「ミサ」さん、「セブン」さんは、母娘で二代に渡ってお店をされています。
「メキシコ」さんや「赤煉瓦」さんは、近隣では一番古いお店なのではないでしょうか。
広島で「古い喫茶店」というと、「シャモニーモンブラン」さんをイメージする人が多いかも。

━60年以上━
tokaichicoffee_01
「十日市茶房」
60年以上■中村屋(中区)
65年■朝日珈琲サロン(中区)
65年■ナカモト喫茶店(三次市)

69年■十日市茶房(中区)
69年■ルーエぶらじる(中区) 

60年以上となるとこちらも思わず「うーむ…」と唸ってしまいます。
「朝日珈琲サロン」さん「ルーエぶらじる」さんは、
移転前、前身のお店時代からの年数を含めています。
「十日市茶房」さんは、多少移動はあったようですが、お店の位置はほぼ同じだとか。 
「ナカモト喫茶店」さんは、外観はレトロですが内装はリニューアルしてお洒落な感じに。
「中村屋」さんの雰囲気は、なかなか他にないですね。

まとめていると面白くなってきて、自分のメモやネットを見ながら「ここもか!」と
どんどん増えていった感じです。
「歴史がありそうだけど年数を聞いていない」お店も結構あるので、
きっちり調べていったらさらにリストが増えそうですね。
当ブログに載っているお店なので、呉の「窓」さん以外はモーニングがメニューにあります。 
「歴史あるお店でモーニング」という朝もたまにはよろしいのではないでしょうか。
以上、広島の歴史の長い喫茶店についてでした。 

味噌汁の境界線(雑感その13)

カテゴリ:
雑感その13です。

■味噌汁がつくかつかないかの境目

必ずではないものの、モーニングセットについてくる味噌汁。
あれこれモーニングを食べ歩くうちに、ある事に気付きました。
「同じ広島県内でも、東に行くほど味噌汁がついてくる率が減る」
ブログタイトルが「珈琲とお味噌汁」である以上、
モーニングに味噌汁がつくかどうかは重大問題です。
具体的に、広島のどの地域なら「モーニングに味噌汁がついてくる」のか?
今まで行った喫茶店でのモーニングを基に、考えてみることにしました。

まず、モーニングに味噌汁がついている事がほぼない尾道で、創業60年、
老舗喫茶店「メキシコ」のママさんに"モーニングの味噌汁"について話してみました。
mexico_01
私「広島でも広島市や呉だと、モーニングに味噌汁がついてる事が多いんですよ」
ママさん「そうなの?尾道でもにゅうめんをつけてるところはあるわね」
私「尾道では味噌汁がついてるところはほぼ無いっぽいですね」
ママさん「だって、コーヒーもあるのに、飲み物ばかりになるじゃない」
私「まあ、そうですよね~」
ママさん「味噌汁、いる?
私「…(いかん!ブログタイトル全否定!)」

ブログを始める前、広島市内の喫茶店でモーニングの味噌汁を飲みつつ、
「モーニングに味噌汁がついてくるのって、他の県ではあまり無いみたいですよ~」
とそのお店のママさんにネタを振った事があるのですが、
「えええ~っ!!」と力強く驚かれたことを思い出しました。

そもそも、「味噌汁がついていて当たり前」のところで話を聞いても、
「ついてなくて当たり前」のところで話を聞いても、堂々巡りになるので、
話を聞くとしたら「味噌汁をつけようかどうしようか迷った」お店かなと。
そんなもんわかるかー!という事で、自ら行ったお店を振り返ってみます。

■広島市 中区■味噌汁度★★★
カフェを含め、お店が多いので味噌汁がついてたりついていなかったり。
歴史が長そうな喫茶店では大抵ついてるので、味噌汁アリ地域、
と断定してもよろしいのではないでしょうか。

■広島市 中区以外■味噌汁度★★★
中区とだいたい同じで、いわゆる喫茶店ではかなりの割合でついています。

■安芸高田市・三次市■味噌汁度★★☆
喫茶店モーニングに味噌汁がついてくるのは珍しくありません。

■東広島市■味噌汁度★☆☆
古い喫茶店の数が少ないのもありますが、味噌汁度はあまり高くない印象。

■佐伯区■味噌汁度★★★
何しろ免許センターのモーニングからして味噌汁つきですから、
添えられている事が多いです。

■廿日市市・大竹市■味噌汁度★★★
このあたりも、古い感じの喫茶店では味噌汁がついてきます。
山口との県境に近いお店でも見られますね。

■呉市・江田島市■味噌汁度★★★
古い喫茶店が多いせいか、味噌汁度が上がる地域。
ボリュームのある感じのモーニングにはほぼ必須アイテム状態。

■竹原市・三原市■味噌汁度★☆☆
呉を東に抜けてから少しずつ味噌汁度が下がり始め、このあたりから
「トーストハーフカット」「味噌汁じゃなくてうどん」なお店が。

■尾道市■味噌汁度☆☆☆
今のところモーニングに味噌汁がついていたことはありません。
その代わり「うどん」「にゅうめん」がセットになってたり。
トーストが半分にカットされているパターンもよく見かけます。
厚切りだったり、普通のトースト一枚のハーフカットだったり色々です。

■福山市■味噌汁度☆☆☆(仮)
まだ行ったことはありませんが、ネットでの情報を見てみると、
尾道と同じく、「味噌汁」ではなく「うどん」がセットのモーニングがあるようです。

地域でいうと、呉をピークに、東に行くほど「味噌汁度」が下がる印象です。
「味噌汁度」が下がると同時に上昇する「うどん度」。
以上を踏まえて簡単に色分けしてみました
zakkan_13
現時点(2015年10月現在)で「こんな感じじゃなかろうか?」というマップです。
未開の土地もあるため、色の塗り方が気弱なのはご容赦ください。

広島市のモーニングだけを食べ歩いていたとしたら、
知らずにいたであろう事柄も出てきたり、
モーニングという特定のメニューに限った話でも、
地域ごとの違いが表れてくるのは面白いなーと思います。
引き続き調査(※食べ歩き)していく予定です。
以上、"味噌汁の境界線"についてでした。

厚焼き玉子サンドを探せ2(雑感その12)

カテゴリ:
雑感その12です。

■厚焼き玉子サンドは広島で食べられるのか?

大阪や京都ではよく見かけるという、厚焼き玉子を挟んだ「厚焼き玉子サンド」。
雑感その7で広島で「厚焼き玉子サンド」を食べられるお店を探してみたものの、
なかなか見つからず、中途半端な雑感になってしまいました。
その後、モーニングも食べ歩きつつ、たまに玉子サンドも食べてみたり。
「厚くない!」「マヨマヨしい!」と呟きながらさまよい歩く管理人の記録、
「厚焼き玉子サンドを探せ」その2です。

まずは東平塚町の「修」さん。
「定食屋さんならボリュームが期待できるのでは」と入店。
atuyaki_02_02
エッグトースト(400円)がこちら。
軽くトーストしたパンに、炒り玉子をまとめたような感じのオムレツがサンドされてます。
味付けはシンプルにマヨですが、マヨの量が多すぎないので好みです。
パンはちょっとこしがある口当たりで美味しい。
厚焼き玉子サンドと言えなくもないような、スクランブルエッグサンドのような。

宇品の「りんご」さんで、厚焼き玉子サンドについて話していると、
「玉子は厚くはないけど、オムレツ入りのサンドイッチにする事もできるわよ」
とのお話だったので、モーニングのトーストをサンドイッチにしてもらうことに。
atuyaki_02_04
カラフルで綺麗なサンドイッチモーニングが登場(600円)。
きゅうりに加えてトマトも入ってて、美味しいけど厚焼き玉子サンドでは無いな~。

南幸町の「えいと」さんは、モーニングのトーストが厚切りですごかったので、
玉子サンドもすごいことになるのでは!と訪問。
atuyaki_02_03
「サンドイッチ」がこちら(価格失念)。
「エッグトースト」は、パンがトーストされたパターンとのことでこちらにしました。
玉子焼きというかオムレツかな?
ガサーッとまとめられた感じのワイルドなオムレツが、モリモリに挟まってます。
一番左端の二切れは特に量が多く、思い切り下にオムレツがはみ出してました。
味付けはマヨですね。
厚焼きのようで、厚焼き玉子サンドと言い切れないような~?

緑井の「雅」さんに、エッグトーストを食べるつもりで訪問。
「厚焼き玉子サンドっぽいの食べたいんスよね~」と話していたら、
「普通のサンドイッチモーニングに+100円で卵多めにできるよ」との事で
お願いしてみました。
atuyaki_02_06
ただでさえボリュームが多かったサンドイッチが何だかすごいことに。
「厚焼き玉子サンド」というより、「ボリュームがすごいミックスサンド」ですね。
味は安定の美味しさ&満腹です。
次こそはエッグトーストを…。

安東の「ブラジル」さんで、メニューにエッグサンドイッチを発見したので、
どんなタイプか聞いてみたら「焼くタイプです」とのことで注文。
マスターがチャカチャカ手早く卵をかき混ぜる音に期待が高まります。
atuyaki_02_01
こ、これはー!
こちらが登場した時の私の頭の中のファンファーレをご想像ください。
エッグサンド(400円)は、パンの片面にマスタードバター、片面ケチャップが塗られてます。
ルテインが多いという特別な卵は色が濃いです。
少し甘く味付けされた焼き立てオムレツだけサンド、というシンプルさ。
これは厚焼き玉子サンドと言ってもいいのではないでしょうかー!?
帰る時に、思わずマスターに「こういうサンドイッチが食べたかったんですァー!」と
熱く感謝の気持ちを伝えてしまいました。

第2回目にして結構厚焼きムードが出てきたように思います。
今回思ったのは、単品メニューのサンドイッチは結構ボリュームがあるので、
おやつにするのは無理だな、ということです(すんな)。
まだ見ぬ厚焼きを求めて。
つづく。 

モーツアルトのモーニング(雑感その11)

カテゴリ:
雑感その11です。

■モーツアルトのモーニング

広島にあるチェーンのケーキ屋さん、「バッケンモーツアルト」。
あっさりしたチーズケーキや、バタークリームケーキなどが人気のお店です。
ケーキ類の販売はもちろん、中にはカフェが併設され、
「モーニング」が提供されている店舗があります。 
どこでも同じではなく、店舗ごとに内容が違うので、比較のためにまとめてみました。
カフェで「トーストセット」など軽食が提供される店舗もありますが、
あくまで「モーニングセット」が提供される店舗のみ紹介しています。

基本的に、トーストは自家製の天然酵母パン「バッケンリヒト」が提供され、
ついてくるジャムはアヲハタです。
mozart_koujyou_02
まず工場併設の「廿日市店」。
品数も豊富で内容も充実。
明るい広々とした雰囲気で海も見えるので、
「外で爽やかに(?)朝食を採る」という特別感も楽しめます。
ただ10時~11時と提供時間が短いので、時間を合わせて行かないといけないのが難点。
また、こちらの販売コーナーでは、普段カット売りされていない生ケーキも
カット販売されています(通常一本売りしかないケーク・オ・ブールなど)。
mozart_hondori_02
喫茶店としての歴史も古い「本通り店」。
モーツアルトの中では一番早くから開いている点、土日は12:00まで提供と、
モーニング利用しやすい店舗です。
トーストとサンドイッチのモーニングが選べます。
画像はトーストですが、フルーツに加えてデザートもついており、内容も充実。
タイミングよく提供されるので、熱いものは熱々で美味しく頂けました。
雰囲気も客層も落ち着いているので、のんびりできます。
mozart_nakashima_02
カフェ利用の人気も高そうな「中島店」。
感じとしては、セルフ形式のコーヒーショップのような雰囲気。
席数も多く、モーニングの内容も充実しているので、人気も高いようです。
画像のトーストモーニングのほかに、価格は少し変わりますが、
バゲットのピザ風?のようなモーニングも選べます。
mozart_kure_02
広島市からは少し離れた「呉本通り店
「ヘルシーモーニング」と名前がつけられています。
大抵山型パンが出てくるモーツアルトのモーニングですが、
この時は珍しくプルマンタイプのトーストが(日替わりだそうです)。
コーヒーもおかわりOKです。
お店のつくりが、菓子販売メインでイートインスペースがあまり広くないので、
ゆっくりする、という雰囲気では無いかもしれません。
mozart_gion_02
ゆめタウン祇園にある「祇園店」。
内容としてはモーツアルトの中では地味というか、しょぼい(はっきり言った)。

ちなみに「どのお店でモーニングが提供されているか?」というのを確認するため、
モーツアルトの本部に問い合わせしたのですが、
祇園店は挙げられた中に入ってませんでした。
それを考えると、他のお店でひっそり提供されているモーニングがあるのかな~?と
いう気がしないでもないのですが。
モーニングがあるはずという回答があった「ホテルチューリッヒ東方2001」に行ってみたところ、
「トーストセット」はありますが、「モーニングセット」は無い、という話でしたし、
モーツアルト本部も把握できていないように感じました。
公式サイトがあるにはあるものの、何しろ情報が少なく見づらいです。
せめて各店舗の営業時間やカフェの有無は載せて欲しいですね。

それぞれのお店によってかなり違いがあるのが面白いところですが、
何でも、モーツアルト内部で「全店舗のモーニングを統一する」という動きがあるようです。
つまらん!と思ってしまうのは私がモーニング馬鹿だからなのか。
チェーン店でも、違うものが出てくる、というのは楽しいと思うんですけどね~。

以上、「バッケンモーツアルトのモーニングについて」でした。

このページのトップヘ

見出し画像
×