カテゴリ

カテゴリ:日曜営業

海田町南つくも町「ハレノヒ」

カテゴリ:
harenohi_01
海田町南つくも町、JR海田市駅から南下し、
2号線を通り過ぎた場所にある喫茶店です。
白い外壁の建物に近づくと、オレンジ色の壁と木目のパネルが目を引きます。
店内も、明るい色合いの木目&白を基調としており爽やかなイメージ。
可愛らしい雰囲気ですが、「海田町の小さな食堂」とあり、
この日の客層も、ご近所の年配の方が集まった感じののんびりムード。
男女お二人で切り盛りされているようです。
harenohi_02
モーニングは和洋二種類。
画像は洋食のモーニングです。
トーストは厚みとしては5枚切りくらいで、サクサクに焼かれてます。
カラフルなサラダのドレッシングはさっぱりした青じそノンオイル。
コーヒーはマシン抽出で濃いめこってり味。
手作りポテサラ、フルーツもついて品数も充実。

シフォンケーキやマフィンなど、その時々の手作り焼き菓子もあるようです。
夜も、21:00までと、遅くまで営業されています(日曜日以外)。
駐車場は建物の裏に一台分確保されています。

■ハレノヒ■
安芸郡海田町南つくも町1-1 082-822-5899 駐車場あり
モーニング 600円 ごはんモーニング 650円 11:00まで
8:00~21:00(日曜日~18:00) 定休日 月曜日
(2017年4月現在)

福山市曙町「オリーブHouse(ハウス)」

カテゴリ:
olivehouse_01
福山市曙町、福山西インターから鞆方面に抜ける380号線沿い、
西側にある喫茶店です。
明るい雰囲気の大きな建物で、通りからもよく目立ちます。
中に入ってみると、外観と同じく広々として明るい雰囲気。
個人経営のお店のようで、お店の方もご家族のような感じ。
外観からは、カフェかパン屋さんのような印象を受けたのですが、
中に入ってみると、不思議と古い喫茶店のようなほのぼのとした印象です。
olivehouse_02
モーニングは5種類。
定番のトーストから和食、カレーまで揃ってます。
ゆで玉子かヨーグルトが選べるようになってます。
olivehouse_03
こちらはAのトーストモーニング、ゆで玉子バージョン。
トーストは、しっとりした感じの柔らかいパン。
ゆで玉子はまだ温かいです。
コーヒー一杯おかわりOKです。
味としては、一度に沢山淹れてあるのか、作って少し時間が経った感じ。
olivehouse_04
こちらはBのサンドイッチモーニング、ゆで玉子バージョン。
スープはじゃがいもなどが入ったクリーム系スープです。
サンドは。玉子サラダにハムキュウリの定番タイプ。

家族連れも多く、店内はお客さんで賑わってました。
車はお店の周辺に停められます。

■オリーブHouse(ハウス)■
福山市曙町3-30-7 084-954-0058 駐車場あり
A.トーストモーニング 480円 B.サンドイッチモーニング 600円
C.おにぎりモーニング 690円 ワッフルモーニング 550円
カレーモーニング 650円 11:00まで
7:00~17:00 定休日 月曜日
(2017年4月現在)

本川町「つるや木賃宿」

カテゴリ:
turuya_01
中区本川町、川沿いにあるゲストハウスです。
場所的には「こども文化科学館」の川を挟んだ向かい側あたりでしょうか。
平和公園からも近い場所です。
外には、自転車やちょうちん、気になるものが色々と。
男性お一人が迎えてくれました。
一階が受付兼ラウンジ兼カフェ兼バー、となっているそうで、
朝の時間帯はモーニングの提供もされています。
日差しが差し込み明るい店内は、中央にカウンター、周辺にテーブル席。
壁に貼られた世界地図には、宿に泊まったであろう人達の足跡が。
turuya_02
モーニングは一種類ですが、カウンターに並べてあるあれこれから、
トーストに塗るものを選ぶことができます。
バター、はちみつ、メープルシロップ、いちごジャム、
ヘーゼルナッツチョコペースト(ヌテラ)、ピーナツバター、
マシュマロクリームというバラエティ豊かなラインナップ。
「バターといちごジャムというのはOKですか?」と聞いたらOKとのこと。
サックリ焼かれたトーストに、まずバターを塗って、
上にジャムを乗っけて美味しく頂きました。
サラダのお皿には、ウインナー、コールスロー、
ミニトマトが几帳面に並んでます。
コーヒーは濃いめでしっかりコクがあるバランスが良い飲み口。
壁に貼られた案内によると、マウントコーヒーさんの豆を使用しているようです。

宿がメインなので、そちらは24時間年中無休だそうですが、
カフェ営業は朝8:00からとのことです。

■つるや木賃宿■
広島市中区本川町2-1-7 082-942-5500
モーニング 500円 11:00まで
8:00~22:00(カフェ) 無休
(2017年4月現在)

天満町「Morning JUICE STAND」

カテゴリ:
morning_01
西区天満町、広電天満町電停北にあるジューススタンドです。
何と言っても、お店の名前が「モーニング」です。
とはいえ「モーニングセット」の提供は無いので、
ブログ的には番外編のような感じでしょうか。
怪しい隠し撮りのような店頭画像になっておりますが、
お客さんが並んでいたのでこのような形になりました。

ジューススタンドなのでメインはスムージー等のドリンク提供ですが、
フルーツサンドの提供もされています。
(開店は7:30~ですが、フルーツサンドの提供は9:00~)
このフルーツサンドが人気で、お客さんが続々列を作ります。
男性お一人が切り盛りされています。

テイクアウトはもちろん、イートインスペースがあるので、
店内で頂く事もできます。
私はイートインでの利用にしました。
お店は小じんまりしたお洒落な作りで、カウンター席が用意されてます。
通り側には窓があり、テイクアウトの対応はそちらで受けていました。
morning_02
こちらは「mr.morning」というスムージーです。
ほうれん草、小松菜、りんご、キウイ、レモンという組み合わせ。
オーダーしてから手際良く目の前で作ってくれます。
鮮やかな緑色に、赤いラベルとストローが映えますね~。
口当たりなめらか、さっぱりして美味しいです。
量もたっぷりなので、朝はこれだけで十分という人もいるかも。
コーヒー豆とバナナを組み合わせたスムージーなど、
他にも色々と種類があります。
morning_03
赤いラベルが可愛いので開封前後で撮影してみました。
フルーツサンドはその時期の果物を使用しているので、
内容はその時々で変わるそうです。
この時は、左から「イチゴ&つぶあん&ホイップ」「マスカルポーネクリーム&イチゴ」
「オレンジ&オレオ&チョコクリーム」「フルーツ&クリームチーズクリーム」
となってます。
「今の時期はイチゴくらいしかないから~」とのお話でしたが、
あまおう盛り盛りのスペシャル感は何物にも代えがたい、と言えましょう!
溢れんばかりのイチゴ、クリームの味の違いも楽しく、
見た目も美しい美味しいサンドイッチです。

フルーツサンドは予約もできますが、前日の12:00~18:00(営業日のみ)までに、
電話かインスタグラムの直メッセージで。
当日の取り置きはされてないそうです。
土日は予約で終了してしまう事もあるそう。
ジュース作りもサンドイッチのカットも、作り置きはせず
一人ずつの対応になるので、列の人数によっては待つかもしれません。
お店の駐車場は無いそうです(近隣にコインパーキングあり)。

■Morning JUICE STAND■
広島市西区天満町9-16 シトロン天満 1F 090-9419-9239
ジュース 700円~ フルーツサンド 900円(フルーツサンドは9:00~)
7:30~売り切れ次第終了 定休日 火曜日・第3月曜日
(2017年4月現在)

江田島市大柿町大君「カフェ ヒキシマ」

カテゴリ:
hikishima_01
江田島市、場所的には能美の東側海沿いにあるカフェです。
現地付近に到着したはいいものの、どこにお店があるか良く解らず、
通り沿いにあったパトランプを頼りに付近を探してみると、
案内の貼り紙があったので海側に進んでみました。
すると一枚目の画像の場所があり、営業中の札もかかっていたのですが、
入口のドアの前にはガッチリと開いた大きな脚立が。
とりあえず、オラヤッシャ!と脚立を動かそうとしていると、
お店の方らしき男性が現れ、脚立をどかしてくれました。
何でも、上にある店名のロゴにペンキを塗っていたそうです。
「いつもはこんな早い時間にお客さんが来ないから~アハハ」と笑いつつ
案内して頂きました。

中に入ると、優しそうな雰囲気の女性が迎えてくれました。
お二人はご夫婦で、2017年の3月16日にこちらのお店を始められたそう。
もともと牡蠣の加工&販売場だったこちらの建物を買い取り、
ご主人お一人でコツコツ建物を改装してきたとか。
お店の名前である「ヒキシマ」は、ちょうど目の前にある島「引島」から。
ご主人が「子供の頃はよく泳いで渡って遊んでた」というこの細長い小島、
鬼が引っ張って引き延ばした、という伝説もあり、
地元出身の方が「島ひきおに」という絵本も出されているそうです。
hikishima_02
モーニングは一種類。
厚めのダ〇ルソフト系トーストはふんわりサックリ。
味噌汁は大根や人参、油揚げなど具が色々で優しい味。
手作りのポテサラ&生野菜のサラダに、ベーコンエッグ、
バナナもついて満足感があります。
コーヒーはすっきり飲みやすい味。

大きな窓から見えるのは、穏やかな瀬戸内海と引島。
お店の前に、海を隠すように牡蠣の水揚げの建物が建っていたそうなのですが、
ご主人が「わし一人で二週間かけてバラした!」そうな。ワイルド。
お店についてはまだまだ「こうしたい」というプランがあるご様子で、
行く度にあれこれ変わってそうで楽しいですね。
この日は天気が悪く霧も出ていたので、晴れの日にまた寄りたいです。

土日祝は限定の炊き込みご飯ランチ、週末は夜の居酒屋営業もあるとか。
駐車場は建物の横に確保されています。

■カフェ ヒキシマ■
江田島市大柿町大君3211-6 0823-57-4560 駐車場あり
モーニング 500円 11:00まで
7:00~16:00(金・土 居酒屋として夜営業あり) 定休日 日・祝
(2017年4月現在)

このページのトップヘ

見出し画像
×