カテゴリ

カテゴリ:西区

庚午中「NITTA COFFEE STAND」

カテゴリ:
nitta_coffee_stand_01
西区庚午、宮島通り沿いにあるサイクルショップ、
「Grumpy(グランピー)」の一画にあるカフェです。
「Grumpy」さんは開店が11:00から(日祝12:00)ですが、
カフェは7:00から開いてます。

中央の自動ドアを入って右側がカフェスペースで、
窓が大きいので建物の外からでも灯りが確認できます。
カウンターの中に女性がお一人いらっしゃいました。
こちらに背中を向けた状態だったので「おはようございます」と挨拶。
女性「!?(オロオロ)」
私「!?(つられてオロオロ)」
ひとしきりオロオロしあった後、突然「こちらですか?(←何が)」と聞く私。
すると元気よく「ハイ、こちらです!」と女性。
このお答え頂いた、非常に明るい女性が「新田さん」でした。
丁寧にメニューなどの説明を受け、窓際の椅子に着席。
入って左に花屋さんがあり、椅子やテーブルが置いてあるのですが、
そちらもカフェの椅子として利用可能との事です。
nitta_coffee_stand_02
モーニングは、トーストとゆで玉子、ドリンクのシンプルなセット、
それにサラダとヨーグルトを加えたセットの二種類があり、
それぞれトーストが半分のハーフセットも用意されています。
画像はドリンクに+300円の「サラダモーニング」。

トーストは四枚切りで、外こんがり中もっちりで美味しい。
ベビーリーフはふんわり柔らかくて、新鮮な感じ。
ヨーグルトのジャムは二種類から選べました(この時は三次ピオーネかゆず)。
挽き立ての豆でハンドドリップで入れて貰えるコーヒーは、
コクがあってすっきりした味。

トーストのパンは「Avec le soleil」さん、
ベビーリーフは三原の「高掛農園」さん、
コーヒー豆は「MOUNT COFFEE」さん、
ヨーグルトなどの牛乳関係は砂谷牛乳を使用されているとか。
他にも、スコーンなど焼き菓子は「Swinging Bird Kitchen」さん監修、
チョコチップスコーンのチョコは「USHIO CHOCOLATL」さんのもの、
などなど、食べ物好きな広島人は「おお…」と唸る内容。
なんですが。
店主の新田さんのノリとテンションにより、全てをもっていかれた感が。
主に「オモロかった…」という印象を胸にお店を出ました。

駐車場は「Grumpy」さんの駐車場が、正面左の通り奥、
ビルの前に三台分確保されています。
駐車可能な場所は、地面に大きく「Grumpy」と書いてあります。

 ■NITTA COFFEE STAND■
広島市西区庚午中1-18-32 ドルミ庚午101
CYCLE SHOP GRUMPY内 082-208-2726 駐車場あり 
トーストモーニング ドリンク+100円 ハーフ ドリンク+50円
サラダモーニング ドリンク+300円 ハーフ ドリンク+250円
7:00~16:00 定休日 木曜日
(2017年9月現在)

三篠町「オレンジ」

カテゴリ:
orange_01
西区三篠、可部街道の西側にある喫茶店です。
ドアや窓枠などが店名の「オレンジ」色で目を引きます。
中に入ってみると、少し雑然としており、地元の喫茶店、といった雰囲気。
女性お一人で切り盛りされているようです。

こちらのお店、今まで何度か立ち寄っていたのですが、
どうも毎回毎回寄るタイミングが悪く、
開店時間過ぎても開店していなかったり、
定休日に当たったり、お店の方がたまたま不在(ご家族が対応)だったり、
苦節(?)二年程度を経てようやく訪問が叶いました。
orange_02
モーニングは和洋で三種類。
「ベーコンチーズブレッドモーニング」は、パンが無い時は提供できないそう。
ちなみにこの日は「できないんです」とのお話でした。
画像は「トーストモーニング」。
トーストはかなりの厚切りで、サクサク香ばしく焼かれてます。
味噌汁には玉ねぎ、わかめ、えのきが入ってます。
サラダには手作りポテサラも添えられてます。
コーヒーはしっかり味。
パンの質量とポテサラ&ヨーグルトで、かなりのボリュームがあります。

お店の裏口に駐車場があり、二台停められます。
以前は土日が9:00~平日8:00~営業だったそうですが、
現在は基本的に9:00~営業だそうです。
休みについては、家族の用事などで変わるらしく、不定休とのこと。

■オレンジ■
広島市西区三篠町3-9-17 082-239-6000 駐車場あり
トーストモーニング 500円 ベーコンチーズブレッドモーニング 600円
焼きサケ朝定食 600円 11:30まで
9:00頃~20:00頃 不定休 
(2017年9月現在)

横川町「たま一」

カテゴリ:
tamaichi_01
卵かけご飯はモーニングに入るのかどうなのか。
予め書いておきますと、私は普段「卵かけご飯」を食べる事がありません。
子供の頃、卵を生で食べる事に対して苦手意識を持っていたため、
(白身と鼻水の類似などによる)そのまま大人になり、
あえて「卵かけご飯」に手を出す事もなく今に至ります。

横川駅近くにある「たま一」は卵かけごはんの専門店で、
2009年から営業されています。
当時、ローカルニュースなどでも取り上げられていたので、
お店の存在は知っていましたが、足を踏み入れる事は無いままでした。
当ブログ的に「アリかどうか?」は多少悩みましたが、
とりあえず「味噌汁」がついてるので、ありって事で(長い言い訳終了)。

店頭の大きな「朝めし」ボードが目を引きます。
中に入り、入口左側にある券売機で食券を買い、席に着くというスタイルです。
カウンター席と、テーブル席が配置されています。
カウンターの中には、女性と男性お一人ずついらっしゃいました。
tamaichi_02
定食は数種類あり、こちらはやや豪華な「朝御前」。
スタンダードな朝定食は、画像の内容から納豆とサラダを抜いたパターンです。
卵にかける醤油が三種類から選べるのが面白いところ。
右上に「卵を溶く用」の器があります。
大盛りにはしてないのですが、ごはんの量が結構あります。
器でチャカチャカと卵を溶き、ごはんに流しかけ、醤油を垂らします。
食べてみると、固めのご飯に卵のまろやかさが加わり、美味しいです。
イケるやん!卵かけご飯!
問題点としては、普段卵かけご飯を食べない人間からすると、
これが卵かけご飯としてハイレベルかどうかが判らないところでしょうか。
定食として考えると、ごはんも多めなので、結構お腹いっぱいになります。

朝定食などは、10:00以降は券売機で買えなくなります。
うどんやそばがついた定食、親子丼など、メニューは豊富です。
お店の駐車場は無いようです。

■たま一■
広島市西区横川町3-11-18 082-296-6150
朝定食 350円 朝バター 430円
朝御膳 460円 朝定(魚つき)630円 10:00まで
7:00~15:00 定休日 不定休
(2017年8月現在)

横川町「イリガン珈琲店」

カテゴリ:
irigancoffee_01
西区横川、横川駅から南下して、橋の少し手前にある珈琲専門店です。
通りからもお店の中がよく見えます。
入ってすぐ、左手前に珈琲の焙煎器、その奥に厨房とカウンター席、
左側にはテーブル席が並んでいます。
すっきりしてお洒落な雰囲気です。
お店には、男性お一人と女性お二人いらっしゃいました。
irigancoffee_02
モーニングは一種類。
トーストはリーンな生地の大きめの山型パンで、
カリカリ感ともっちり感、両方楽しめます。
ココットで別添えのサラダのドレッシングは、自家製なのか風味豊か。
目玉焼きにはミニウインナーが焼き込まれてます。
自家焙煎のコーヒーは日替わりの「今日のコーヒー」のようですが、
ビターチョコレートを思わせる風味で美味しかったです。

店内には日数をかけて仕込むというカレーの良い香りも漂ってます。
カレーは朝イチからオーダー可能だとか。
コーヒー豆の販売もされています。
お店の駐車場はありませんが、コインパーキングが近隣にあります。

■イリガン珈琲店■
広島市西区横川町1-6-20 080-9138-4946
モーニング 700円 11:00まで
9:00~19:00(18:30L.O) 定休日 水曜日
(2017年8月現在)

己斐本町「しづま」

カテゴリ:
sizuma_01
JR西広島駅近く、ビルの一階にある喫茶店です。
中に入ってみると、そこそこ奥行きがあり、左側にはカウンター席、
右側は壁に沿ってテーブルが設置されていました。
まず、女性お一人がお店にいらっしゃって、
開店してしばらくして、少し年配の女性がお店に来られました。
sizuma_02
モーニングは一種類。
こんがりしたトーストはなぜか裏の方が焦げ目が強いです。
ジュースは100%のりんごジュース。
サラダにハムエッグ、フルーツも添えられてます。
コーヒーはコクがある飲み口。

お店の前にある四角い看板に営業時間が書いてあり、
8:00~とあるのですが、実際はもう少し遅い時間から開けているそうです。
「なるべく8:00に開けたいんですけど」とおっしゃっていました。
ランチタイムは禁煙のようです。
駐車場の案内は見当たりませんでした。

■しづま■
広島市西区己斐本町1-14-3 082-272-8484
モーニング 700円 10:30まで
8:00位~17:00 定休日 土日祝
(2017年6月現在)

このページのトップヘ

見出し画像
×