堺町「かふぇてりあ じぱんぐ」

カテゴリ:
zipang_01
中区堺町にある「かふぇてりあ じぱんぐ」です。
雑貨屋も同じ店舗内にあり、正式な店名は「かふぇてりあ じぱんぐ セレクトショップ」
となるようです。
年配の、ご夫婦と思わしきお二人がされているお店です。
店内の雰囲気はなかなか個性的。

モーニングは洋食と和食があり、どちらも価格は一緒でした。
メニューには「コーヒーつき650円」と書いてあるのですが、注文を取りに来た方が
「650円とありますが、600円です」と言っていました。
支払いも確かに600円だったのですが、値下げしたのかどうなのか、
今後の価格はどうなるのか、詳しく聞かずじまいで不明です。
zipang_02
画像は洋モーニングです。
メニュー写真には無かった味噌汁がサラッとついてきてちょっと驚きました。
パンは近くにあるパン屋さん「ベーカリー Roti(ロティ)」さんのものを使用しているそう。
オーソドックスながら香りがよくて美味しいです。
卵は、溶き卵をフライパンに流してそのまま二つに折りたたんだ感じ。
パンの陰に隠れてるウィンナーは、なつかしのウィニーさんじゃないですか!って味。
コーヒーも頼みましたが撮り忘れてます。

店の前が有料駐車場になっていますが、店舗としての駐車場はないようです。

■かふぇてりあ じぱんぐ■
広島市中区堺町1-3-5 082-233-5016
洋モーニング 和モーニング 各500円 ホットコーヒーつき 650円(600円?) 11:00まで
営業時間 9:00~19:00 定休日 火曜日
(2014年6月現在) 

南竹屋町「手焙き珈琲 リセ」

カテゴリ:
lise_01
中区竹屋町にある、自家焙煎コーヒーのお店「リセ」です。
一見コーヒーの小売りのみのお店に見えましたが、モーニングなど喫茶もあります。

店内に入ると笑顔の素敵な女性店主が迎えてくれました。
入り口を入って右側には樽に入った煎りたてのコーヒー豆が並んでおり、いい香りがします。
外から見える位置に焙煎室もあり、目を引きますね。

モーニングを頼むと、まずコーヒーの好みを聞いてくれます。
ざっくりと「濃いめ」「薄め」、他に各種ブレンド、ストレートコーヒーなど種類も豊富。
lise_02
モーニングは、盛り付けも女性らしくて綺麗です。
こちらのモーニングセットは、ブランチセットとして一日中オーダー可能です。
フルーツが三種あるのが個人的には嬉しいポイント。
ジャムは自家製で、その時々によって変わるそうです。
「粒々感を残した状態で出していたら、不思議と男性客への受けが悪かったんです」
と店主の女性がお話を聞かせてくれました。
ことごとく男性客にジャムを残されてしまうようになったとか。
果物の形が残ってたほうがいい気がするのにね~?と二人で首を傾げてみたり。
ジャムは自家製ならではの新鮮な味で、サクサクのトーストとぴったりです。

濃いめでお願いしたコーヒーは、苦味やコクがしっかり感じられて、
その割に後味すっきりで美味しかったです。

窓が大きくて店内も明るく、店主さんも感じ良くて気持ち良く過ごせるお店です。
もちろん、コーヒー豆の購入もできます。

■ リセ■
広島市中区南竹屋町2-5 082-249-8234 駐車場あり
モーニングセット 650円(ブランチセットとして1日中OK)
営業時間 8:30~19:00 定休日 日祝
(2014年6月現在) 

牛田本町「カフェ・ド シャンティ」

カテゴリ:
shanti_01
東区牛田、京橋川沿いにある喫茶店、カフェ・ド シャンティです。
ご夫婦でされている喫茶店で、創業から30年以上になるそうです。
店内に入ると、年配の男性が「おはようございます」と笑顔を向けてくれます。
shanti_02
 モーニングは「エッグ」と「サラダ」二種類あり、画像はサラダモーニングです。
サラダは、もはやにんじんサラダか!という程たっぷりのにんじんの千切りが入ってました。
ドレッシングは自家製だそうで、にんじんの甘さとよく合って美味しいです。
スープは市販のカップスープのような味ではあるのですが、独特の粘りがあります。

ご夫婦お二人の態度や話し方、物腰に癒され何となくほっとした気分になりました。
モーニングも、ピカピカのお盆や調味料入れ、綺麗な盛り付けに気遣いを感じます。
居心地の良い喫茶店です。

■カフェ・ド シャンティ■
広島市東区牛田本町4-6-14 082-227-5826 駐車場あり
サラダモーニング 550円 エッグモーニング600円 11:00まで
営業時間 7:30~19:00 年中無休
(2014年6月現在) 

このページのトップヘ

見出し画像
×