天満町「Morning JUICE STAND」

カテゴリ:
morning_01
西区天満町、広電天満町電停北にあるジューススタンドです。
何と言っても、お店の名前が「モーニング」です。
とはいえ「モーニングセット」の提供は無いので、
ブログ的には番外編のような感じでしょうか。
怪しい隠し撮りのような店頭画像になっておりますが、
お客さんが並んでいたのでこのような形になりました。

ジューススタンドなのでメインはスムージー等のドリンク提供ですが、
フルーツサンドの提供もされています。
(開店は7:30~ですが、フルーツサンドの提供は9:00~)
このフルーツサンドが人気で、お客さんが続々列を作ります。
男性お一人が切り盛りされています。

テイクアウトはもちろん、イートインスペースがあるので、
店内で頂く事もできます。
私はイートインでの利用にしました。
お店は小じんまりしたお洒落な作りで、カウンター席が用意されてます。
通り側には窓があり、テイクアウトの対応はそちらで受けていました。
morning_02
こちらは「mr.morning」というスムージーです。
ほうれん草、小松菜、りんご、キウイ、レモンという組み合わせ。
オーダーしてから手際良く目の前で作ってくれます。
鮮やかな緑色に、赤いラベルとストローが映えますね~。
口当たりなめらか、さっぱりして美味しいです。
量もたっぷりなので、朝はこれだけで十分という人もいるかも。
コーヒー豆とバナナを組み合わせたスムージーなど、
他にも色々と種類があります。
morning_03
赤いラベルが可愛いので開封前後で撮影してみました。
フルーツサンドはその時期の果物を使用しているので、
内容はその時々で変わるそうです。
この時は、左から「イチゴ&つぶあん&ホイップ」「マスカルポーネクリーム&イチゴ」
「オレンジ&オレオ&チョコクリーム」「フルーツ&クリームチーズクリーム」
となってます。
「今の時期はイチゴくらいしかないから~」とのお話でしたが、
あまおう盛り盛りのスペシャル感は何物にも代えがたい、と言えましょう!
溢れんばかりのイチゴ、クリームの味の違いも楽しく、
見た目も美しい美味しいサンドイッチです。

フルーツサンドは予約もできますが、前日の12:00~18:00(営業日のみ)までに、
電話かインスタグラムの直メッセージで。
当日の取り置きはされてないそうです。
土日は予約で終了してしまう事もあるそう。
ジュース作りもサンドイッチのカットも、作り置きはせず
一人ずつの対応になるので、列の人数によっては待つかもしれません。
お店の駐車場は無いそうです(近隣にコインパーキングあり)。

■Morning JUICE STAND■
広島市西区天満町9-16 シトロン天満 1F 090-9419-9239
ジュース 700円~ フルーツサンド 900円(フルーツサンドは9:00~)
7:30~売り切れ次第終了 定休日 火曜日・第3月曜日
(2017年4月現在)

江田島市大柿町大君「カフェ ヒキシマ」

カテゴリ:
hikishima_01
江田島市、場所的には能美の東側海沿いにあるカフェです。
現地付近に到着したはいいものの、どこにお店があるか良く解らず、
通り沿いにあったパトランプを頼りに付近を探してみると、
案内の貼り紙があったので海側に進んでみました。
すると一枚目の画像の場所があり、営業中の札もかかっていたのですが、
入口のドアの前にはガッチリと開いた大きな脚立が。
とりあえず、オラヤッシャ!と脚立を動かそうとしていると、
お店の方らしき男性が現れ、脚立をどかしてくれました。
何でも、上にある店名のロゴにペンキを塗っていたそうです。
「いつもはこんな早い時間にお客さんが来ないから~アハハ」と笑いつつ
案内して頂きました。

中に入ると、優しそうな雰囲気の女性が迎えてくれました。
お二人はご夫婦で、2017年の3月16日にこちらのお店を始められたそう。
もともと牡蠣の加工&販売場だったこちらの建物を買い取り、
ご主人お一人でコツコツ建物を改装してきたとか。
お店の名前である「ヒキシマ」は、ちょうど目の前にある島「引島」から。
ご主人が「子供の頃はよく泳いで渡って遊んでた」というこの細長い小島、
鬼が引っ張って引き延ばした、という伝説もあり、
地元出身の方が「島ひきおに」という絵本も出されているそうです。
hikishima_02
モーニングは一種類。
厚めのダ〇ルソフト系トーストはふんわりサックリ。
味噌汁は大根や人参、油揚げなど具が色々で優しい味。
手作りのポテサラ&生野菜のサラダに、ベーコンエッグ、
バナナもついて満足感があります。
コーヒーはすっきり飲みやすい味。

大きな窓から見えるのは、穏やかな瀬戸内海と引島。
お店の前に、海を隠すように牡蠣の水揚げの建物が建っていたそうなのですが、
ご主人が「わし一人で二週間かけてバラした!」そうな。ワイルド。
お店についてはまだまだ「こうしたい」というプランがあるご様子で、
行く度にあれこれ変わってそうで楽しいですね。
この日は天気が悪く霧も出ていたので、晴れの日にまた寄りたいです。

土日祝は限定の炊き込みご飯ランチ、週末は夜の居酒屋営業もあるとか。
駐車場は建物の横に確保されています。

■カフェ ヒキシマ■
江田島市大柿町大君3211-6 0823-57-4560 駐車場あり
モーニング 500円 11:00まで
7:00~16:00(金・土 居酒屋として夜営業あり) 定休日 日・祝
(2017年4月現在)

三原市明神「まったりカフェ おはな」

カテゴリ:
ohana_01
三原市明神、沼田川南側にあるカフェです。
設置された手書き感溢れる看板が目を引きます。
「おはな」という店名から、何となく女性的なお店かと思っていましたが、
開店直後に到着した私を「早いですね!」と爽やかに迎えてくれたのは、
頭にタオルを巻いたアニキでした。
中に入ると、明るい色合いの店内は広々とした印象。
入口や壁には、お店のメニューをイラスト化したものが多数飾られています。
他にも、皮製品が展示してあったり、カウンターの上に焼き物があったり、
色々と見て回りたくなる個性的な雰囲気。
アニキ系マスターとその奥様、お二人で切り盛りされているようです。
お店の最奥にはワンちゃんの小屋とフェンスらしきものも。
ohana_02
メニューは段ボールに書かれてます。
ひっくり返して裏を見ると「アリエール」とかあるし。
モーニングは三種類あり、それぞれ、ドリンクつきの単品と、
サラダやヨーグルトなどがついたセットが用意されています。
ohana_03
画像はトーストセット。
やや薄め、耳がカリッと香ばしいトーストは風味豊か。
小鉢は二種類から選べます。
生野菜には、根菜や手作りポテトサラダも添えられてます。
上にオニオンチップが乗ってて香ばしい。
コーヒーはすっきり飲みやすい味です。
上部中央の黄色いペースト状の物は「プリンヨーグルト」です。
最初大盛りマヨネーズかと思って「どう食べよう!」と動揺しました。
普段はヨーグルトのところ、この日はたまたまだとか。
フルーツまでついて、見た目も楽しい豪華なセットです。
ohana_04
こちらはホットサンドセット。
ホットサンドというかトーストサンドでしょうか。
トマト、キュウリ、レタス、ハムチーズに卵と具沢山。
粒マスタードがよく効いてます。
こちらもまたボリューム満点のセットです。

壁に「漫画教室」の案内があったので話を聞いてみると、
教室をされているのはマスターのお知り合いで、
メニューのイラストを描いているのもその方だとか。
皮製品は奥様、焼き物は奥様のお父様の作だそうです。
店名の通り「まったり感」のあるカフェです。
駐車場はお店の前に確保されています。

■まったりカフェ おはな■
三原市明神4-2-7 0848-67-3903 駐車場あり
◇単品・コーヒー付
トースト 350円 ホットサンド 600円 ワッフル 500円
◇セット
トースト 550円 ホットサンド 700円 ワッフル 600円 11:00まで
8:00~18:00 不定休
(2017年4月現在)

このページのトップヘ

見出し画像
×